40年前のマンガ!

どっかに取ってあるのだろうな?と思っていた昔のマンガを実家で見つけました。
1970年代前半のマンガです。ほかにも少年チャンピオン、ワイルド7を連載していた懐かしの少年キング、コミックスでは紫電改のタカなんかも・・・。

画像


こちら葛飾区亀有公園前派出所の秋本治はこのころ「山止たつひこ」といっていました。「がきデカ」の山上たつひこをパクッていたんだよな。

画像

嗚呼、懐かしのハレンチ学園!笑

画像

サイボーグ009。思わず読み返してしまいました。やっぱり凄い!石森章太郎、天才だったのでしょう。

画像

伊賀の影丸。この頃、マンガ雑誌には「君も忍者になれる」なんて記事もあったりして、忍者になる特訓をしたりもしていました。毎日、草を飛び越えるだけの特訓でしたが。笑

さて、昨日の土曜日は完全休足。ですが一日では全然疲れは抜けませんでした。
今日は代々木でSWACの練習会。25km走るつもりで臨みましたが、脚が重すぎて20km走るのが精いっぱいでした。
正直10kmぐらいでやめたかったのですが、ひらまりコーチに「25km」と言った手前、少しは頑張りを見せないと!と結構根性絞り出しました。
それにしても、遠目で見ると平田姉妹は似ているね、やっぱり。

さてさて、長かったGWも残すところあと一日。明日は三浦半島をのんびり走ります。僕には厳しくキツい30kmになるでしょうけれど。笑

長野・山梨で走り込み!(2~3日目)

走り込み二日目は5時10分からの朝ランでスタート。思わずホテルに戻りたくなるような寒さの中、諏訪湖畔を一周。ペースも徐々に上がり気持ちよく走りきりました。何年ぶりだったでしょうか。懐かしい景色を楽しみながら・・・。

画像


10kmぐらいでやめるつもりが思いのほか走ったので、朝食のバイキングは心置きなく!笑

この日も再び茅野市運動公園の駐車場にクルマを停めて、アップダウンは避けながら26kmほどを5'40/kmペースでジョグしました。
脚に元気があれば、前日走れなかった杖突峠を高遠あたりまで走ろうと思ったのですが、さすがにそんな自信はなく無難に。

画像


小さな起伏がとても堪えます。20kmぐらいでほぼいっぱいいっぱいの状態でした。何とか運動公園に戻ってきたのは昼過ぎ。疲れた~!

そのあと向かったのは甲斐市の「湯めみの丘」という源泉かけ流しの日帰り温泉。この日は韮崎泊でしたので、事前に調べておきました。HPでは素晴らしい!という感じでしたが、まぁ普通でした。
それでも冷たい水風呂には大助かり。熱を閉じ込めたような体をしっかり冷やしました。

そのあと付近をしばらくドライブしたあと韮崎のルートインホテルに向かいました。

韮崎・・・、その知名度からもっと大きな町かと思っていましたが、商店街もほとんどの店がシャッターを下しているか既に店を畳んでいる様子でした。
日が落ちる前に、居酒屋を探しながらふらつきましたが、まず開いている店がない!というか店が見当たらない!

結局、ホテルの前でポツンと営業している店に腰を落ち着けましたが、客は僕のほかに1人だけでした。
このお客さん、話好きな人で、60歳・独身・近くの自然公園に勤めている・夜眠れない・温泉に詳しい・ロードバイクが好きだ・間もなく仕事を変える・寝る前にコーヒーを飲む・・・、滔々と話をしてくれました。

睡眠薬を飲んでいるらしいのですが、まずは寝る前のコーヒーをやめてみたらどうだろう?なんて素朴に思ったりして・・・。

この日も9時過ぎにはベッドに入りました。

朝はなかなか起きだせずランスタートは6時過ぎ。「七里岩ライン」というほぼ中央本線沿いを走る起伏の激しい道を走りました。15kmほどを5'36/kmペースで。
前日同様寒い朝でしたが快晴。上々の最終日です。

またまたお腹いっぱい朝食バイキングを食べて、9時前に出発しました。

クルマを停めたのは「道の駅しらね」。ここから静岡の清水までつながる富士川街道とか中部横断自動車道と並行して走る甲西道路などを走りました。
プチ合宿最終ランでしたので30kmを目指しました。

画像


富士山もきれいでした。祝・世界遺産登録。

画像


何とか30kmを走り切りました。5'39/kmペースで。

3日間、よく走りました。距離は130kmを超え、その割にはダメージはそれほどではありませんでした。
スピードは中々つきませんが、スタミナは大分戻ってきたようです。

きままに気分任せで走り回った3日間でしたが、やっぱり二人旅の方がいいですね・・・。

さぁ!ともあれ、本格的にランの練習再開です。今日は完全休養日にしてあと二日間、もうひと頑張りしますよ!

長野・山梨で走り込み!(初日)

5月1日から2泊3日で長野・山梨で走り込みのプチ合宿を行ってきました。3日で130m!我ながらよく走りました。当たり前ですが、疲れた~!最初の2日は寒かったのですが、走るにはちょうど良かったです。

画像

宿は上諏訪にとっていましたが、まずはクルマを茅野市運動公園の駐車場に停めて・・・。実は茅野には訪れてみたい場所がありました。小学校の林間学校。「一宇荘」といいます。40数年ぶりです。
おぼろげな記憶と事前に見ておいた粗い地図を頼りになんとかたどり着きました。思いのほかの激坂でした。

画像


表札には「豊島一宇荘」と書いてありました。通っていた小学校は全身を豊島師範学校附属国民学校(確か)とか言っていたのでそれでこういう名前だったのでしょう。知らなかった・・・。

その建物、全然変わらぬ佇まい、といいたいところでしたが、あれっ、こんな感じだったかな?もっと敷地が広かったような・・・。記憶というのはあてにならないですね。
周辺にはこじんまりした別荘地もありました。「鏡湖」という地図に名前も載ってないような小さな人造湖のそばが別荘地として開発されたようでした。

無事発見できたので、林道を経て杖突峠にでようと走り始めましたが、道をふさぐように横たわる巨大ヘビが!!写真を撮る余裕もなく猛ダッシュで駆け戻りました。
こういうのって誇張しがちですが、道の半分以上をふさいでいたので3m近くあったでしょうか?

ヘビを怖がることはない!と自分では思っていましたが、全然でした。

画像


厳しい林道ランを中止したので、一転緩い起伏を走りながら原村へ。
結局5'48/kmといったペースで32.5kmほどを走りました。

ランを終えて諏訪湖に移動。少し速いペースで走っておこうと再び湖岸を走りだしましたが、全然ペースを上げられず。11kmで終了。ならすと5'10/kmというペースでした。風がとても強かったです。

これで初日のラン終了。合わせて43.5km。よく走りました。

宿は上諏訪駅からすぐの上諏訪ステーションホテル。一応温泉が付いていました。夕食は付けずに街の居酒屋に行くつもりでしたが、街に出てみると思いのほか店がない!

酒蔵を2軒まわったあと「信玄屋敷」という店に腰を落ち着けました。

この店、なかなか当たりでした!改めて書こうと思いますが、写真は「登水」という酒と馬刺しです。

画像


さすがに疲れていたのでしょう。
ホテルに戻ったのは8時前でしたが、缶のハイボールを1本も飲まないうちに眠ってしまいました。メールの着信音に気づきましたが起きる気力もなく・・・。

そんなプチ合宿の初日でした。

そろそろ行きます!と言いながら・・・

そろそろ行きます!なんて宣言をした直後に風邪を引いてしまいました。熱は出ないのですが咳が続いており特に夜はひどい状態です。走っていても咳が出るのでジョグに留めていましたが、一向に良くならないので先週の土曜日からは4連続休足になってしまいました。

月曜日に医者に行ってからようやくよくなってきました。やはり処方してもらった薬は効きますね。
それまで、明け方に咳こみが激しくなって、咳で眠れない状態が続いていましたが、アドエア(長時間作用型の気管支拡張薬と気道の炎症を抑えるステロイド性抗炎症薬の配合吸入薬)を吸入したとたん、随分と咳も治まり、しっかり睡眠をとれるようになりました。

まだ、発作的に咳は出続けていますが、水曜日からはランも再開しました。

膝を悪くした時の整骨院もそうですが、ヤバいと思ったら速やかに医者に行くのが一番ですね。何とかなるだろうと希望的観測を持つよりも、専門家にしっかり診てもらわないと。わかっていながら中々出来ないことですけれど・・・。

さて!今日から10連休です!
心拍数を上げると咳が出てツラいのでジョグ中心になるでしょうが、しっかり走りこみつつ徐々に強度も上げていこうと思います。
来週の水曜日からはプチ合宿を予定しているので、何とかそれまでには体調も戻したいと思っているのですが、咳は中々抜けないみたい。

う~ん。。

そろそろ行きます!

板橋Cityマラソンが終わってから、しばらくのんびりしていました。
距離はそこそこ走っていますが、追い込むような練習もしてませんし補強運動はほとんど休み状態。
年度末・年度始めで仕事も忙しかったのですが、それもようやく一段落というところです。

右足の膝うらの状態も大分良くなってきました。膝うらの筋の状態は9割方OK。ハムの状態も7~8割方程度にまで戻っています。痛みが出るのは相変わらずですが、間欠的な出方で痛みも気持ち弱くなってきています。
ですので新年度、そろそろ行きます!

行きます!といっても、秋の試合までには随分日があるので、小さな試合に具体的な目標を設けながら、そこに向かって気持ちがフレッシュな状態を維持出来るようにしたいと思います。

小さな試合は3つです。

まずは5月のリスタートTTin味スタ!
ここで5,000mを走りますが、今時点では目標は高く18分30秒!間際になったら下方修正すると思いますが(笑)、ここを目標に練習開始です。

次は一転超長距離。7月の所沢航空公園の8耐です。目標は距離ではなく年代別3位入賞です。去年の年代別1位は28周の90.888km。2位が25周の81.150km。3位から5位が23周の74.658kmでした。
天候にも左右されますが、24周は必要でしょう。
TTから8耐までの間に水郷4耐を入れていますので、4耐から8耐へいい流れを作れればと思っています。

最後は8月の市の選手権です。3,000mの予定ですが5,000mにするかもしれません。5月のTTの結果が出てから種目も目標タイムも考えます。

この市の選手権まではスピード重視で練習をしていきますが、試合を含めて月に2~3回の30km超の距離走は入れていくつもりです。

生活にもメリハリをつけて、体も絞って、そろそろ行きますよ!

まるます家のメンチ!

2週間前の話で恐縮ですが!板橋Cityマラソンの後の打ち上げで行ったまるます家。
とんかつよりもコロッケよりアジフライよりも好きな「キングof揚げ物・メンチ」!カロリーが高いのであまり食べないようにしているのだけれど・・・。

画像


でも、いいね~!

ジャンボ・メンチだっけ、ビッグ・メンチだっけ?味、OK!でも、大きさでは神田の升亀の方が上だな~。重さではいい勝負かもしれんですけど。

朝から飲んべが集まる店みたいですけれど、なんか品があるのがこの店の味かもしれない。

画像


やっぱり煮物も豆腐も!いいな~。

それにしても、なんかみんなちょっこし表情が冴えない?気のせい?笑

画像


気が早い話ですが、来年のまるます家は、みんな自己記録更新ラッシュといきたいものです!

土曜日は2部錬と食べ飲み放題!

土曜日は久々に2部錬を行いました。午前中はSWAC横浜の練習会で根岸森林公園でクロカン走。午後は湘南RSの納会前に大船~逗子マリーナ往復をLSDで。午後のランはそのあとの食べ飲み放題に向けてのカロリー消費ランです。笑

画像


森林公園、花見客でいつものクロカンコースは走れないのでは?と心配していましたが大丈夫でした。半袖では肌寒いくらいでしたが、いい汗をたっぷりかくことが出来ました。

画像


画像


ここはランのコースとしてももちろんいいのですが、景色がとても気に入っています。特に競馬場跡が。
秋が一番似合うように思いますが、この桜の季節もいいですね。

石川町から向かい途中の山元町の商店街もとても庶民的な雰囲気で気に入っています。
入ってみたい食べ物屋が何軒かありますが、いまだに入っていません。そのうちレポートしようと思いますが、日程の都合でしばらくはここで走ることはないかな?

午後の鎌倉は相変わらずの人出。こちらも桜を楽しみ海を楽しみながら気分よく走りました。
納会は最近よく使う「満福」。3,150円で食べ飲み放題です。餃子が美味く、9人で18皿頼みました。御馳走さま~!

板橋cityマラソンと神田川の桜。

少し時間が経ちましたが日曜日は今シーズンの最終戦、板橋Cityマラソンを走ってきました。残念ながら18km過ぎでレースを止めました。フルマラソンでは自身初めてのDNFでしたが、痛みを堪えてまで走り切ろうと言う気にはどうしてもなれずに仕方がなかったかな、と思っています。

11月のつくばに始まって、勝田、海部川とまったく同じです。しばらくジョグで繋げば痛みも和らいで走れるようになるとは思いましたが、同じことの繰り返しで情けないとは思いつつも気持ちが切れてしまいました。

実際、歩いて戻っては時間がかかり過ぎるので、キロ5ぐらいのペースでほとんど走って戻ってきたので、走ろうと思えば走れたのですが・・・。


これで今年度の試合は全て終了です。残念ながら記録的には停滞と言うより後退の一年でした。
ですが故障が因るところが大きいので落ち込んではいません。たた、故障がなくても伸び悩んだというのも正直なところ実感しています。
伸び悩んだからといって、もっとやらなきゃ!もっと厳しく!とは思っていません。
しっかり走れる体に作りなおさなければこれ以上いくら走り込んでも伸びない、と感じているのです。

具体的にいうと、骨盤の可動域を広げること、そして骨盤を上手く使えるようにすることです。
そのためには肩甲骨も同様に使えるようにしなければなりません。
正に、骨盤・肩甲骨・姿勢の「こけし」です。

それともうひとつ。ピッチを速くすることです。

細かいことは改めて書こうと思いますが、スピードアップのためにはこの2つが不可欠だと感じています。

2週間ほど休んでから、ラン再開といく予定です。

そうそう、土曜日は東中野の実家に泊まりましたが、神田川の桜が見事に満開でした。僕が暮らしていたのは20年以上前ですが、随分立派になっていました。笑

画像


画像


やっぱり桜、いいですね。
色々なことがあっても、春は必ず廻ってくるんですよね!また、頑張ろう!

いよいよ明日は最終戦!

泣いても笑っても明日は最終戦!って、笑うことはないでしょうから、泣いても痛くても明日は最終戦!ってところでしょうかね?とにかく今年度最終の試合を明日走ります。
膝うらの状態は相変わらずですが、2月の海部川の時よりはよくなっています。

板橋はフラットの分、ハムへの負担も小さくなるのではと思っています。ですので目標というものではありませんが、3時間10分は切っておきたい、そう思っています。痛みが出なければ問題ないでしょうが、走ってみなければわからないというのが現状です。

さて、今回は靴を変えます。つくば以降ずっとターサージールを使ってきましたが、今回はadizero takumi renを履きます。ジールは十分気に入っているのですが、結果が出ていないので気分転換です。

走り方も変えます。ハムから中臀筋に意識を移し、ピッチを気持ち速くしてみるつもりです。ストライドをわずかに狭めることによってハムへの負担を少しでも軽くすることを狙っていますが、うまくいくでしょうか?
ピッチを速くすることは前々から考えていましたが、いきなり実戦でやってみることにします。

今日はこれから東中野の実家に向かい、明日の朝は余裕をもって会場に向かうつもりです。今夜は先週無事手術を終えた母の快気祝いをりますので飲みすぎないようにしないと!笑

明日は、ユウゾウくんが赤羽のまるます家を打ち上げの場所として予約してくれていますが、「楽しかったのは、まるます家だけ。」なんてことにならないよう、頑張らないとね。

しおちゃん、えいちゃんと明日を本命レースにしている仲間の気合を感じながら気持ちを集中して走れば、必ずいい結果が得られるでしょう。マラソンの神様も、明日は少しだけ力を貸してくれるような気がしています。笑

今週末は最終戦!

忙しいです。年度末ですので当然なのですが、僕の勤めている会社は4月に組織の大きな見直しがあるのでとても忙しいです。
ですが、走る時間も作れないほどというわけではありませんので、まぁ世間的にはフツーに忙しいって程度でしょうか?土日はしっかり休めてるし。笑

土曜日は約2ヶ月ぶりに織田フィールドに行ってきました。2000m×3+1000m×3@SWAC練習会。
2000mは4'15/kmから5秒あがっていきます。1000mは4'00/km。
ペースは上がりますが3本目の2000mで息が楽になればOKです。昨日は・・・、2本目で楽になりましたが3本目はキツかった。久々だったからか、走力が落ちているのか・・・。
久々のスピ錬だったので、まぁOKでしょう。

画像


そして昨日。
湘南RSの仲間と大和の競技場で10000mのペーランをやりました。僕以外はしっかり走りきっていましたが、僕はハムの痛みが出て途中リタイア。やれやれ・・・。

気がつけば、といっても忘れていたわけではもちろんありませんが、今週末は最終戦の板橋Cityマラソンです。
記録を狙うことはとうに諦めていますが、最終戦ですので新年度につながるしっかりした走りだけはしたいと思います。
とはいえ、どうにも気が抜けてしまっているのも事実です。

走りでは試してみたいことがあるので、そのトライアル自体には自分でも興味津津なのですが、タイムとか勝負とかにもこだわれるものが出来ればいいのですが・・・。

昨日は対策会議で、えいちゃんが真剣走り宣言をしたので、えいちゃんに付いてみましょうか?
無理かな~?

小笠原母島のRUM!&陸連登録の話・・。

先週、市の陸協から葉書が届きました。25年度から陸連登録の方法がWEB申請に変わるので説明会をやるから来てほしい旨でした。
やれやれ、わざわざ集めて説明するほどのことだろうかね?

そもそも、説明会の僅か1週間前に葉書を出して集まってくれはないでしょう。まぁ、今に始まったことじゃないし仕方ないか・・・。今日、行ってきましたが案の定・・・。

今回ちょっと感じたことなのですが、高校教師や女子柔道のカントクの体罰問題が問題になりましたが、そもそも当人の常識のなさが問題の全てなのではないでしょうか。
多分当人は人一倍情熱があって、これが正しい方法だという確信があって、それを貫き通している信念の人たち
なのでしょう。だからこそ熱烈に支持をする人たちもいる。ただ、あまりにも世間を知らず社会を知らず、そのため常識がない。

常識がないので、これって世間的には問題があるとかまずいことかもしれないとかいったことにも気付かない。
世間には多様な価値観やものの考え方があって自分とは必ずにも同じではないということも気付かない。
そもそも社会人としての訓練をされたことがない人たちなのでしょう。

話を戻します。
説明会が1時間もかからず終わったので、説明会場の秩父宮体育館からほど近い「KingKing(キンキン酒場)」に久々に行きました。妻と片瀬山のビラージュに行った後に寄って以来の店です。6年ぶりぐらい?
仕事中にayaさんのブログで新石垣空港の開港を知ったので、お祝いの気持ちを込めてオリオンの生から始めて飲む泡盛・赤馬へ。ほ~、こんな泡盛あったのか・・・。泡盛、奥が深いですね、感動!

そのあとはメニューを見て、是非!と思った小笠原母島のラムを。

画像


キューバでラムの味を知った僕はラムにはうるさいのです。笑

びっくりするぐらい美味かったです。ボトルが空いたので貰って帰ってきました。
と、fbでも書きましたが、ダメ押しでブログでも書いた次第です。笑

4耐、8耐!

毎年5月に行われる金太郎マラソン、まだエントリー情報がありません。昨年はレース中に死亡事故が起きたようですし、中止になってしまうのでしょうか?
今年はキンタロー。ブームなので(もう去ったか?)、便乗すれば盛り上がるかもしれませんが・・・。
その金太郎以外の試合日程を固めました。

4月14日 リスタートTTin味スタ(5,000m)
4月29日 横浜駅伝1区(10km)
5月--日 (キンタロー・・・。)
6月16日 水郷県民の森4時間耐久リレーマラソン(ソロの部)
7月7日 8時間耐久レースin所沢

6月に長距離を入れたのには訳があります。7月の8耐まではスピード中心に行こうと思っていましたしその考えは変えていませんが、今年はいっちょう8耐で表彰台を狙ってみようかな、と。

この8耐、年齢別のカテゴリーに「55歳以上」というのがあるのです。
6月に55歳になるので、なりたてほやほやで一発狙って・・・、なんて考えているのです。

実は50歳になった時も、何かで表彰台を・・・と探したのですが、僕の力ではさすがに層が厚い50代では難しく未だに表彰とは縁がないのです。

(キンタロー、僕には縁がありませんが、友達は続々と・・・)
画像


画像



間もなく55歳になろうという今現在、50歳の頃よりはスピードも持久力もついています。「55歳以上」というカテゴリーならいけるかもしれません。

さらに8耐はサロマの2週間後のためウルトラの強い選手は少ないでしょうし、元々奥武蔵の準備用にと開かれるようになった大会なので真剣に走るいランナーはさほど多くありません。

狙いましょう!

その8耐の準備として、6月に半分の4耐!笑

リレーマラソンと一緒に走るのでペースを作るのに苦労しそうですが、周回コースをグルグルというのいも8耐と同じでいい練習になるかもしれません。
とにかく8耐!4ヶ月後です!

新しい練習も始めました!

さて、2月も今日で終わりです。1年の12分の2がもう終わるわけですね。早いものです・・・。膝うらとハムの状態がなかなか快方に向かわず気持ちは焦り気味ですが、新しいことも始めているので落ち込んではいません。結構ポジティブな今日この頃?笑

「SAQトレーニング」については先日少々書きましたが、ここでも紹介されているラダー・トレーニングがなかなか
面白く、週に1~2回やっています。
やっているドリルはSWAC横浜の練習会で教えてもらったものと、SAQの本に載っていたものの合わせて7~8種類です。
他にはトレーニングというほどのものではありませんが、エクササイズバンドを使って肩甲骨が動くようにすることも始めました。ずっとサボッていた体幹トレーニングもボチボチながら再開しました。
思うように走れなくてもやるべきことは色々あるんだな、と実感しています。最近はむしろジョグにあてる時間があるなら補強に時間を充てた方が効果があるかも、に近い感覚すら持ち始めています。

ラダーをやるときは、大体7~8kmジョグをして体を温めてから始めるのですが、終えた後に再びジョグをします。
するとラダーをやる前とは全く違った感覚でいい走りが出来ます。
一言でいるなら、ランニングが小さな跳躍運動の連続であることが実感できるのです。着地もスムーズになるし、うまく乗りこめます。

レースですらなかなか切れなかった10kmでの40分切りを12月の練習会で中あっさり切れてしまったのも、やはりドリルをたっぷりやった後でした。5kmで19分を切った時も然りです。

体をラン用に上手く使える状態にするということがとても大事なことだと感じ始めているのです。
こればかりは走ること自体からはなかなか出来ないのではないでしょうか。

こんな感じですので、今日はただジョグして終わり、といことも少なくなりました。ジョグの途中に俊敏性を高める動きを入れたり、走ったあとに骨盤や肩甲骨の柔軟性を高めるドリルをやったりしています。

飽きっぽくてなかなか長続きしない性格ですが、効果を感じられると意外に続けられるものです。
せめて満足に走れない間だけでもしっかり取り組んで行こうと思います。

海部川風流マラソン、レースの部

重い筆をとり、いや、重いキーボードを叩きながら海部川風流マラソン、レース編を書き記しておきます。
渋滞もなく余裕で会場入りし、午前9時ちょうどには5kmぐらい走ると言っていたゲストの瀬古さんの斜め後ろからスタートし、あっという間に後方へ置き去りにしました!
瀬古さん、遅っ!笑

画像


前日にクルマでコース試走をしてましたので厳しいコースであることは覚悟していましたが、実走してみて改めて実感・・・。

「今日は具合が良さそう」と思っていた右膝うら・ハムの状態も、アップダウンとせいでしょうか、勝田の時よりもずっと早く、10km過ぎあたりから悲鳴を上げ出しました。
今回だけは気持ち良く走ろうと早めにペースを落とし始めましたが、痛みは治まるどころかどんどん増していきました。

コースはちょうど同じ日に行われていた青梅マラソンのコースに近く、基本的には前半は上り・後半は下りなのですがその中でもアップダウンがあります。
青梅が30kmレースで標高差86mで海部川が78mとのことなので、コース的には青梅のほうがキツいのですが、足を痛めている僕には青梅よりも厳しく感じました。

せめて勝田の時と同様、最後までとにかく歩かずに走り切ろうと思いましたが、どうにも痛みに耐えかねて数度足を止めてしまいました。

ただ、不思議なのが、痛みは断続的なのです。最初にこの症状が出たつくばでは、痛みは出ずっぱりでしたが、それ以降出たり消えたりになります。

さて、楽しみにしていた景色についてちょっこし書いておきます。海部川、さぞかしきれいな川なんだろうと期待していましたが、それはコースよりももっと上流の話みたいです。こっちでもよくあるフツーのきれいな川って感じで。「神奈川でも探せばこれぐらいのコース、作れるよ。」という感じでしたが、十分に清々しかったことには間違いありません。痛みさえなければ、走りごたえ十分なコース・景色でした。

それと沿道の応援はすごかったです。町をあげて老若男女問わず応援してくれていると感じでした。

走った後は無料のうどんと伊勢海老の味噌汁が用意されていました。冷え切った体にはとても美味しかったです。

参加賞はこんなに!

画像


自分だけのナンバーカードが入ったストラップ。これはなかなか嬉しい!

画像


おっと、書き忘れていた5kmごとのラップを記録しておきます。

21'06-21'27-21'52-22'52-24'13-26'13-27'55-25'57-11'11・・・。
3時間22分45秒・・・。


今シーズンのフルマラソンは4週間後の板橋Cityを残すのみです。北海道、つくば、勝田、海部川と走ってきましたが、全然思うように走れていません。板橋では何としてでも!という気持ちが強い反面、故障を抱えたまま同じようなレースを繰り返しても意味がないのでは・・・という気持ちも強くなっています。

ともかく闘う気持ちだけはしっかり持って板橋に向かっていこうと思います!

海部川風流マラソン、ラン以外の部

海部川風流マラソン、走ってきました。でも、相変わらず・・・。試合のことは、少し時間を置いて書こうかと思います。ラン以外のことを書きますが、徳島、そして高知の東側、とてもいいところでした。いい旅でした!

画像


まずは徳島ラーメンからスタート!大孫(だいそん)という店で「肉入り」を。う~ん、醤油が特徴なんでしょうね・・・。肉はタップリ、でも、これを食べにまた徳島へ!という気にまではならんかったです。

マツダレンタカーで借りたアクセラで55号線をひたすら西へ。宿泊地の阿南を通り越して大会が行われる海陽町まで前日受付に行きました。ビックリするほどの参加賞を頂いてからコースを下見。
うわっ!思った以上のアップダウン。これは厳しい!練習にはもってこいのコースという感じですが、これをレースで走るのは・・・。
やれやれ、という思いで阿南まで戻りました。

画像


今回は観光ランなので、街の居酒屋へ!笑
「串八」という店に入りました。カツオのたたきは美味でしたが、地の酒がなかったのは残念。仕方がないので「本家松浦(だったかな?) 鳴門金時」という芋焼酎で我慢しました。ですが意外や意外、甘みがあってイケる焼酎でしたよ。

試合当日は5時半過ぎにホテルを出発しました。2時間あれば余裕で着けるとは思っていましたが、河口湖マラソンで駐車場の渋滞で走れなかったランナーが多数出たという話を思い出して早めに出たのです。

ですが、やはり杞憂でした。まったく渋滞なしで到着。考えてみたら2,000人にも満たない大会ですからね。

十分時間があったのでストレッチもアップも十分に済ませスタートラインへ。
ナンバーカードは27。登録選手は一番前です。遠く離れた地でも大会、知り合いなど誰もいないと思っていましたが、SWACの女性会員の方が。こういうのってなんか嬉しい。

大会ゲストの瀬古さんの挨拶も聞いて、さあ!いよいよ試合です。
って中身はまた改めて書きます。ですが、記録だけ。3時間22分45秒・・・。やれやれです。あんまり書きたくないな~。

記録は散々でしたが、いいコース、いい大会でした。

さて、早々に会場を後にして一路室戸岬へ。左手に続く海の景色は絶景です。

画像


駐車場に車を入れて、海に出てみました。
そのあと、室戸岬灯台へ。山の上へ「徒歩20分」と書いてありましたが、フルを走ったあとの脚には堪えました。汗だく・・・。

灯台の前に最御崎寺へ。

画像


wikiにはこう書かれています。

「最御崎寺(ほつみさきじ)は、高知県室戸市室戸岬町に位置する寺院。室戸山(むろとざん)、明星院(みょうじょういん)と号す。宗派は真言宗豊山派。四国八十八箇所霊場の第二十四番札所であり、土佐で最初の札所である。」
お遍路さんも何人か訪れてきていました。

画像


中岡慎太郎。

3時間半ごろ室戸岬をあとにし土佐湾を左手にみながら、宿泊地の北川村温泉へ。
あまり期待はしていませんでしたが、風呂もまずまずで料理も美味しかったです。飲んでみたかった「慎太郎」は入っていませんでしたが、「超辛口 土佐鶴」を熱燗で。ほー、燗で飲むんですね。

やはり疲れていたのでしょう、「とんび」を見出しましたが、途中で寝てしまいました。熟睡。

今日は生憎の雨でしたが、やることは移動だけ。道に迷ったりもしましたが無事空港に戻りましたが、考えてみれば徳島ではなく高知の空港だったらずっと楽でした。
気ままにノンビリ・・・ではなく少々駆け足でしたが、ずっと懐かしく思い出される旅でした。
これでしっかり走れていたら、それこそ最高だったんですがね!笑

明日から徳島!

寒い日が続きます。ですが最近花粉に反応しているような気が・・・。
考えてみればもう2月も中旬ですからね、多分飛び始めているのでしょう。今年は去年の5倍とか言われていますし、とても憂鬱です。
さて、徳島はどうなんでしょうか。関東より暖かい分、早く飛び始めているかもしれません。

ところで、せっかく初めて徳島に行くし何が名物なのか調べたのですが・・・。

すだち、なると金時、たらいうどん、竹ちくわ・・・

何もなさそう。と言っては失礼でしょうが、おっ!って言うものは残念ながら見当たりません。

そんな中、一昨日恵比寿のケッズでトレーナーさんから「先週徳島で食べた徳島ラーメン美味しかった!」という話を聞きました。
徳島ラーメン?聞いたことありませんでしたが、結構有名らしいです。

まぁ、今回はレンタカーで動くので街中にでるのも苦になりません。明日のお昼は、その徳島ラーメンを食べてみましょうか。
そういえばレンタカーを借りるのも久しぶりです。前は北海道旅行でちっちゃなデミオを借りました。
楽しかった。。

今回はベリーサ?デミオよりはちょっこし大きいのかな?
さあ!ランの準備はできていませんが走る気持ちは満タンです。初めていく徳島が楽しい思い出になるよう、そしていいラン、いい旅になるよう張り切って行ってきます!忘れ物がないように。笑

老いてきた?素早く動けません!

ランに関しては、これまで「老い」を感じることはほとんどありませんでした。
ですがなかなか治らない膝うらとハムの故障と、もうひとつ最近気になっていることから、やはり「老いてきた」と感じてしまうこの頃です。

最近気になっていること!笑われてしまいそうなことですが、準備運動のスピードについていけないのです。(トホホです)苦笑
準備運動って、「1・2・3・4・・・」と声に合わせて屈伸したり伸脚したりするあと準備運動です。
SWACの練習会でコーチのテンポについていけないのです。周りは・・・というと、遅れずに普通にやっています。
僕も練習会に出るようになったころは遅れることもなかった、ように思います。
ついていけなくなったのは、ここ半年ぐらいでしょうか・・・。

今シーズン、フルは全然ですが、ハーフでも10kmでもタイムは伸びてますし衰えは感じてませんが、速い動きは確実にできなくなっています。イメージと実際のギャップがどんどん広がってきているような気がして。

そんなことを感じている中、「SAQトレーニング」なるものを知りました。
「SPEED、AGILITY and QUICKNESS」です。


マラソンのような典型的な持久系の運動にはあまり関係ないように感じるかもしれませんが、「体を正しく(効率的に)使う」という意味では、とても有効のように思います。

先日も、「骨盤が使えていません。骨盤を使えるようになればもっと速く走れます」と練習会で言われましたが、どうすれば?という問いに「ラダー・トレーニング」と言われました。
ラダーはSAQトレーニングの中でも、「QUICKNESS」のトレーニングとして何種類も紹介されています。「QUICKNESSは静止状態からの速い反応動作のこと指す」と書かれており、一見マラソントレーニングとは関係ないように思えますが、ラダー・トレーニングは骨盤が使えないと素早くこなすことが出来ません。

記録向上を目指す上で、ただトコトコ走っているだけでの限界はかなり以前に感じて、スピード練習を取り入れてきましたが、もっと基本の部分の体の正しい使い方、この地道なトレーニングの必要性を最近強く感じているのです。

SWAC横浜の練習会では、ラダーを使ったドリルが取り入れられていますが、僕はとにかく苦手です。ですが左右のアンバランスもよくわかるし有効なトレーニングであることは強く感じています。

土曜日に、横浜の練習会の手伝いに来ていたSWACのキノコ選手が「60分の時間があったら、60分まるまる走るのではなくて、10分は動きつくりに充てたりといった工夫が大切」と言っていましたが、こうした時間の使い方の意識もしっかり切り替える必要があるでしょう。

思うように走れない今だからこそ、補強運動に真面目にトライしていこうと思います。

10日後は、海部川風流マラソン!

2月17日の海部川風流マラソン参加のため、羽田-徳島のANA便と土曜日の宿の予約は済ませていましたがそれ以外は未定でした。
ですが試合翌日の休暇も取って、日曜日の宿も決めて大体のスケジュールをまとめました。地方の大会に一人で参加し一人で走ってくるのは初めてかもしれません。

十勝健康マラソン以来?ですが十勝は独りで参加しただけで旅行自体は妻と一緒でしたし、走ったあとは昔のラグビー仲間とすぐ合流したし、そのあともワイワイとジンギスカンを楽しんだし・・・。
今度は完全な単独一人遠征試合です。なんか武者修行みたいでちょっとワクワク気分です。

移動は空港でレンタカーを借りてクルマで行います。
電車で、とも考えたのですが、あまり考えもせず選んだ前泊地の阿南からは電車ではレースに間に合わない事がわかったのです。このあたりが相変わらずアバウトで・・・。

会場の海陽町は高知県との県境に近いところです。

走ったあとは、高知まで足を延ばすことも考えましたが、12時過ぎに走り終えて1時頃に会場を後にするにしても、ちょっと時間的に厳しそうです。室戸岬には寄りたいと思っていましたので、あまり海陽町からも遠くない高知県安芸郡の「北川村温泉」というところの宿をとりました。

これまで、試合では実はほとんど景色を気にすることなく走ってきました。田沢湖でも、石垣島でも、帯広でも。
ですのでコースからの景色と言うものはほとんど記憶に留まっていません。

ですがこの海部川、wikiからそのまま引用してしまいますが、

「かつては林業で栄えた過疎地を流れる海部川水系は開発などの俗化を免れたため、ダムもなく、川の水で野点をするほどの清冽な流れと、豊かな植生を誇る。天然のヒラテナガエビ、鮎、アメゴ、ウナギなどの水生生物の
宝庫であり、山のミネラルがそのまま海へたどり着く、日本では数少ない自然河川である。三間岩の淵や轟の滝
(日本の滝百選)などの景勝地や河口のサーフィンポイントは自然を満喫しようとやってくるコアな人々や釣り
人でにぎわい、中には海部川に魅せられて移住した人もいる。」


画像


画像


いいですね!

徳島とか高知を訪れることは今後も滅多にないでしょう。最初で最後かもしれません。
今回ばかりは景色を楽しむ観光ランで行こうと思います。

とても待ち遠しいです!

勝田・・・。試合はまだまだ続きます!

4日も経っての報告ですいません。勝田全国マラソンは走る前から大失敗!スタート時間を11時だと勝手に思い込んでのんびりしていたため、会場入りしたのはスタートの僅か15分前になってしまっていました。
走る前からこれじゃねぇ・・・。

会場に向かう途中にちらと見えたスタートラインには人が既に沢山並んでいます。
えっ、何故?と一瞬わけが分かりませんでしたが、時間間違いに気付きとにかく急いで着替えてアップもストレッチも何もせず、大慌てでスタートラインに並びました。

電車の遅れがあったとはいえ、11時スタートだとしても、もう少し早く入るべきなのですが・・・。
さて、何度も書いてますので自分でもあまり繰り返したくないのですが、とにかく膝うらの痛みが取れず”走れればOK”っていう気持ちの緩みというか投げやりな部分があったのでしょうね。
こんなことでいい走りが出来ずはずがないです。反省です。

更に、高い緊張状態にあるときでも、ここのところ必ずと言ってもいいほど何かしら忘れ物をしますが、この日はウィンドブレーカと帽子とサングラスと3点も忘れてしまいました。もっとも持っていったところで、ウィンドブレーカは着る暇がありませんでしたが・・・。(苦笑)

さて、試合です。

ギリギリに並んだ割にはスタートロス27秒で収まったのはよかったです。でも。よかったのはこれのみ!

ここ2週間ほど、ほとんど走ってなかったため、出だしこそは足が軽くいいペースで走れましたが、僅かづつペースは落ちてゆき、17kmあたりから右膝うらとハムの下部に痛みが出始めて、大きくズルズルと落ちて行ってしまいました。

中間地点通過が1時間30分07秒。30kmまでは何とか粘って3時間10分以内にはまとめたかったのですが、全然ダメでした。
今回は、膝うらの痛みよりもハムの痛みの方が大きく、11月のつくばよりも苦しいランになってしまいました。

ゴールタイムは3時間18分24秒。

'27-20'49-21'05-21'21-21'34-22'24-23'47-25'05-29'48-12'04。

ですが、膝うらが徐々に良くなっていることは感じられました。これは朗報です。
ハムは張りが原因でしょうから、対処のしようはあります。

2月は楽しみにしている海部川風流マラソンですが、これをどう走るかは考えなければなりませんが、とにかく年度締めの板橋でしっかり力を出せるよう合わせていこうと思います。

試合はまだまだ続きます。

それにしても、今年度これほど苦しむとは!

明後日は試合です!!

最近知ったことなのですが、陸上を学生のころからやっていた人って、大会とかレースとかではなく、試合って言葉をつかうんですね。試合!なかなかイカしてる!

先日、SWACの練習会でも陸上やっていた女性が「12月の試合のあと・・・」と言ってましたし、現役学生コーチも然りでした。
昨日、恵比寿のケッズで(マッサージの)施術してくれた高校時代に長距離をやっていた女性も、「試合」というと言ってました。
その女性の出身校というのは千葉のS高で、僕の父親のはるか後輩にあたります。60代ぐらい後になるのかな?
その高校の陸上部には指導者がいなかったので、練習メニューは全て先輩に教わりながら自分たちで考えていたと言っていました。でも、そんな学校でも1年上にはユニバーサルで活躍中の佐伯由香里選手がいたそうです。

彼女とは指導者との指導法みたいな話になって、佐倉高校の監督だった頃の小出監督の指導は「今日は全力で走れ」みたいな感じだったらしいよ、という話をしてあげたら、彼女も県で有名な指導者から試合前に「最初はスタートダッシュして、中間は全力で走って、最後は死ぬ気で走れ」って指示されたそうです。

そういうものなんですかね?笑

彼女曰く、隣町のオミチュー(小見川中学;名物のA田先生が指導していた学校で、SWACの内野コーチもここの出身。僕の両親もこの学校に通ってました。戦前ですが)から来たコは半端じゃなく根性が入っていたと言ってました。
こういう話、してると楽しいですね。
マッサージの腕は発展途上?みたいですが、いい気分転換が出来ました。

さて、いよいよ「試合」です!
明後日に向け、とにかく少しでも足の状態をよくしようと、この2週間はほとんど走らず治療に専念しました。
その甲斐あってか99%戻りました!

それは嘘です。笑

でも、大丈夫。走れるでしょう!
スタートダッシュはしませんが、42kmを全力で走って195mを死ぬ気で走ります。