訳が分からん?

木曜日からランを再開しました。再開初日から、走り始めて数10mで「あっ、全然ダメだ。」と暗い気持ちになってしまいました。15kmほど走りましたが、右膝うらの筋とハムは回復には程遠い状態でした。ペースは5'06/km。

昨日も再チャレンジ。スピード練習は今日に回してもう一度速いペースのジョグを10km(5'04/km)と遅いペースのジョグを10km(5'57/km)してみました。
前半の速いペースのジョグでハムがパンパンになってしまい、後半もユックリペースも辛い辛い・・・!
なんかラン中断前よりも状態は悪化しているようにも感じられました。

なまじ休んでもしょうがないのか。休むなら徹底的に休まなければ意味がないのか・・・?

今日は速いペースではどうなのかを試したくて、SWAC横浜の練習会場の横浜スタジアムに向かいました。

メニューが2000m×4本だということは予めわかっていましたが、リカバリーは10分ほどとるとのこと。レペですか・・・。
セットごとに5秒上げるとのことでしたので、4'10→3'55でいこうと思いましたが、1ヶ月半スピード練習をしていないし、暑いし・・・と理由をつけて4'15→4'00/kmで。(弱い!)

今日は同じペース設定のランナーが数人いて、4本ともコーチが引っ張ってくれたのでいい感じで走れました。
脚に痛みが走ったら即止めるつもりで走り始めましたが、4本目にはハムに張りがかなり出ましたが何とか走りきることが出来ました。相変わらず島林コーチは見事なペースメイクで1~3本は8'30→8'21→8'10。
4本目は残り600mで前に出ましたが、最後までもたず残り150mはヘロヘロになってしまいました。7'51・・・。
久々だったからか、終盤は全く足が上がりませんでした。う~、情けない!
(ちなみに横浜スタジアムでは2レーンを走るので1000mのところ20mほど長く走る。4~5秒/km実際には速く走っていることになる)

とは言え、無事走りきれたことは正直嬉しいです。

セット間に時間があったので、その間ストレッチが入念に出来たのがよかったのでしょうか?
とにかく木曜日、土曜日のジョグの時よりははるかにいい状態で走れました。
スピード練習はまだまだ先かと思っていましたが、これはちょっこし嬉しい誤算?

それにしても訳が分からん??

膝やハムへの負担ははるかに大きいはずなのに・・・。
アップやドリルをしっかりやった後走ったのがよかったのでしょうかね。

とにかく少しでもいい状態で走れるよう、休養日を多くとりながら、マッサージもしっかりやりながらとりあえずは続けていこうかと思います。



とりあえず、ラン再開!

お待たせしました!(って、自分に言っているのですが・・・)
明日からラン再開です。再開出来るような状態に戻ったかは甚だ疑問ですが、少なくともハムの状態はかなり良くなりました。膝うらの筋は相変わらずなのですが、とにかくお試しランをしてみます。

2004年の3月から走り始め、こんなにランを中断したのはもちろん初めてです。17日間・・・。
考えてみれば、大きな故障もなくここまで来れて幸せだったってことでしょうか?せいぜい休んでも1週間程度だったわけですから。

明日走ってみて、どう痛みが出るかをチェックです。
明日は5'40~5'50/kmぐらいの低速で走ってみて、どのくらいでどこに痛みが出るかをチェックしてみます。

その次は土曜日にトラックでスピードで走ってみます。明日それなりに走れれば、そこそこ疲れを溜めこんで土曜日に走ることになるでしょうから、実はこちらのほうがドキドキです。
スピードでそれなりに走れればラン継続ってことになるでしょうが、ダメならまた自粛です。多分ダメなような気が・・・。いやいや、今からそんな弱気じゃいかんですね!

ですがそれなりに走れれば、来週末の藤沢市選手権もGO!です。湘南陸上もDNSでしたし、リスタートのTTも出走を見合わせていましたので、結果はどうでもいいので何とか出たいのです。

まぁ、明日からの再開は、市の選手権に出られるかどうかを確認するための強行発進みたいなものなんですが・・・。笑

思うに、やっぱり走るのが好きなんですね!

食べる量は変わらない??

今日で12日連続の完全休足となりました。1mたりとも走っていません。走らなくなった分少しでも体を動かそうとなるべく歩くようにはしていますが、ランに比べれば高が知れています。
当然使うカロリーも大幅に少なくなるため摂取も抑えなければならないのですが、どっこいそうはうまくいきません。

当然体重も増えます。

実際には、体重1kg増えるのには7000Kcalの摂取増が必要ですので、毎日プラス1000kcalでも1週間はかかることになりますが、もっと楽に増えているような気が・・・。
落とすのには四苦八苦するくせに不思議と増やすのは何の苦労もなくアッと出来てしまいます。

世の中には稀に体重が増えずに悩む人もいるようですが、羨ましい限りです・・・。

ですが、何もせずに無為に過ごしているわけではないですよ。

体幹トレーニングとか筋トレ、骨盤の可動域を広げるドリルなどは随分真面目に取り組んでいます。
走ってはいませんが、ストレッチもかなり入念に行っています。

結構地道な努力をしているな、と自分でも感心してしまっています。笑

ランを再開した時に成果になって現れればいいのですが、そのためには少なくとも1ヶ月ぐらいは必要でしょうか?
そんなに休む気はないのですが・・・。

歩くのにもハマるかも?笑

ラン自粛から1週間が経ちました。走らなくなった代わりに歩くようにしています。
密かなマイブームは10kmTT。ラン自粛前から2度ほどやっていたのですが、順調に記録も伸びています。昨日は85分38秒。8'34/kmペースでした。
マラソンでは4'15/kmというペースが大きな目安ですが、歩きではその倍の8'30/kmがひとつの目安というか目標になりそうです。

この8'30/kmペースというのは、僕にとってはランでのVO2MAX走って感じです。
昨日は5~10kmの5kmを目いっぱい上げたつもりでしたが、それでも8'31/km(42分35秒)。
当面の目標は10kmで85分切りです。

歩きにもランと共通する点も多々あるように思います。腰高を意識して前傾姿勢を作って腕をしっかり振って・・・。

こんな本まで買ってしまいました!笑

画像


ウォーキングとは全く違いますが、それにしても競歩という競技・・・!
時折、織田フィールドで競歩の練習をしている選手と一緒になることがありますが、とにかく速い!
競歩の50kmの世界記録は42.195km換算すだと3時間0分47秒だそうです。
僕のフルマラソンより速いのです。4'17/kmペースですね。全力出しても絶対こんなスピードでは歩けません。やはり競歩と普通の歩きは全く別次元のものなのでしょう。

今日は恵比寿のケッズで膝うらとハムに鍼を打ちました。鍼、いいかもしれないです・・・。
もっと早く鍼に頼ればよかったかも。

とにかくしばらくは歩きを楽しみながら足を治していきます。

休みます。しばらく走らないつもりです。

休足中です。
月曜日からランはやめています。日曜日の所沢の8耐で、このままではフルマラソンは闘えないと痛切に感じたので、遅まきながらですがようやく治療に専念する気になりました。

8耐では、去年のつくばマラソン前後で痛めてしまった右膝うらとハムが大して良くなっていないことを今更ながら
実感させられました。
このままでは闘えない・・・。

つくば以降の勝田や海部川みたいに、3時間20分前後でごまかしながら何とか走ることは可能でしょうが、3時間を目指して勝負の走りをすることは出来ません。
1かゼロかを狙おうとしているのに、1を望めないままダラダラ走っていても体力の消耗でしかなく、フラストレーションが溜まるのみです。
秋には間に合わなくてもしょうがないと割り切って、とにかく足を良くしようと思います。

ですが、やることがなくなるわけではありません。

補強のドリルをみっちりやって、来るべき時に備えようと思います。
むしろ、弱点をしっかり補うチャンス到来と思いましょう。
特に直したいのが、左足を軸足にした時のバランスの悪さです。片足立ちするだけでも体幹はブレ、後傾してしまいます。
それと股関節と肩甲骨の柔軟性。

ちょうど暑い夏を迎えるタイミングなので、故障がなくてもこんな風に切り替えるのも結構いいかもしれません。

それにしても、走らない土曜日の午前中はヒマです。
一週間分のあまちゃんを観た後、MLBの黒田の投球を観ています。笑

天満屋陸上競技部のポイント練習??

昨日恵比寿のスポーツマッサージ・ケッズトレーナーに行った時に聞いた話です。
「暑いですね~」などと、時候の挨拶あたりから受付に出ていた女性トレーナーと話し始めたのですが、その女性は天満屋の合宿に帯同して北海道に行っていたとのこと。気温も20度程度で寒いぐらいだと言っていました。
うーん、何とも羨ましい!

天満屋の・・・といっても4チーム合同の合宿だったそうです。
今、実業団も経費削減でこうした合同合宿が流行っているそうです。これは、少し前にSWACのmariコーチに聞いたハナシ。(この天満屋の合宿がそうかどうかは分かりませんが)

色々と話を聞くなかで一番ビックリしたのが最終日(かな?)の練習。2km×21本をマラソン・ペースでやったそうです。
へ~、そんな練習があるんだ、と聞いていましたが、ふと気になって「繋ぎは?」と聞いたら「15分」とのことで、これにはビックリ!朝に始めた練習が終わった時には4時になっていたそうです。
昼食もこの15分の間に摂りながら(といってもゼリーとかおにぎりだそうですが)やったそうです。

計算すると、2Kmを7分で走って15分で繋ぐと・・・、確かに7時間半近くの時間を要します。

それにしても、リカバリに倍以上の時間・・・。
名将と言われる武富豊監督が(多分)考えた練習でしょうから、もちろん明確な意図があっての練習なんでしょうね。
それとも、よくある練習なのかな~?
今度SWACのコーチ陣にでも聞いてみようと思います。

そして残念なニュースもひとつ。

僕が応援していた栗栖由江選手が昨年いっぱいで退部したそうです。
小出義雄監督から「マラソンで成功するよ」と言われていたと言う話を玉川大学の山下監督から聞いて(すいません、表現が分かり難くて)、いつマラソンにチャレンジするのだろうかと楽しみにしていたのですが、残念です。
実業団を引退しても頑張って走り続けてもらいたいものです。お疲れ様!

所沢に零式艦上戦闘機

今日は所沢の航空公園までゼロ戦を観に行ってきました。現存する実際の(オリジナルの)エンジンで飛行可能な唯一のゼロ戦らしいです。零式艦上戦闘機五十二型。

画像


って、本当は8時間耐久レースを走りに行ったのです。右ハムも相変わらず不調で、腰の痛みもまだまだ残っているので8時間はもともと無理だとは思っていました。
毎度のことですが、フルの距離だけはしっかり走りたいとは思って試合に臨みましたが・・・。

思いのほかハムの痛みが早くから出だしました。ペースを5'30/kmあたりで落ち着けていたので、腰の方はさほど気になりません。気温が上がってくるにつれ、とにかくペースを抑えて抑えて走りましたが・・・。

暑い、暑い暑い!

クラクラしてくるほど暑い!2周に一回給水していたところを毎周回に替え、さらに途中の公園の水飲み場でも給水するようになりました。

9周と1km弱で30kmになります。途中2回ほど休憩を入れ、何とかそこまで走ってランをやめました。結局周回数は10周。せめてフルの距離までは、という気持ちもありましたが、いったん歩き始めると再び走ろうという気力がどうしても出てきませんでした。またまた敢え無くDNFです。

今のハムの状態では長い距離は走れません。マラソンを戦うことはできません。
未練たらしくしていないで、真剣にどうするか対策を考えるつもりです。

今回の収穫はそれが現実として実感できたことでしょう。


さて、試合を途中で投げ出しても今日は次の楽しみがありました!そう、ゼロ戦です!
「ゼロ戦来日」なんて文句に複雑な思いもありましたが、初めて入った所沢航空発祥記念館ながら途中はすっ飛ばしてゼロ戦の展示場に向かいました。

嗚呼、これが五十二型の雄姿!

画像


画像



世界に誇った20mm機銃。一発で敵機を倒す・・・、迫力あります。
12.7mm機銃の隼とはこの火力の差をよく比較されますね。

画像


上から見ても何とも美しい機体です。

画像


記念館を出るとまだまだ多くのランナーが炎天下を走っていました。
ですが、今日だけは中途半端で終わらせてしまった挫折感とか無念の想いとかは感じませんでした。
慢性化してしまったのでしょうか、それともゼロ戦のおかげでしょうか?

・・・このままではダメだ、と吹っ切れたからでしょう、たぶん。

つくば、落選!

つくば、エントリー出来ませんでした!残念ですが、仕方がないでしょう。それにしても、まさかここまで激しい競争になるとは・・・!
保険のため、とムダ金になるのを覚悟で大田原にエントリーしておいて正解でした。

ランネットが定員になったと同時にスポーツエントリーでトライした仲間は無事エントリーを済ませたようですが、僕はいい加減酔っぱらっていたこともあり、寝てしまいました。
執念が足らんかったですね!

それにしても凄まじいエントリー合戦です。万全を期して3人でお仲間エントリー作戦に出ましたが、よりによって
3人ともが討ち死に。
一日も早くマラソン・バブルが弾けることを切に望みます。笑

大田原がある、と言いながら本命・つくばに落ちたことはショックです。
故障で思うように練習が出来ていない事もあり、テンションも一気に下がってしまったため、狙いを2月の泉州国際に切り替えようかな、なんて思ってもいます。
というのは嘘ですが、ハムの回復具合が全く思わしくありません。
このままでは、秋になってもまともな状態で走れないかもという不安があります。いっそ、思い切って1~2ヶ月休んでしまおうかとも思っています。
でも、それで治ると言う保証もないし・・・。今思うと冬の間にしっかり治しておくんだった・・・。

あ~、我ながら優柔不断!

でも、週末には8耐があるし、その翌週にはリスタートの5000mTTもあるし・・・。

あ~、何とも優柔不断!

情けない性格だな~。

紫陽花の観音崎へ。

誰にでも忘れられない場所や光景、大切な場所や光景があると思います。
今日は痛い腰をだましだまし、観音崎まで走っていきました。僕にとってそういうところです。

画像


画像


画像


画像


朝、整骨院で電気と超音波をあててもらい、「控えるように」と言われましたが、紫陽花が咲いているうちに行きたかった観音崎まで走っていきました。あ、家からではなく逗子からですが。

観音崎、ゆっくり歩きました。7年ぶりでしょうか?

こんなものが置かれていました。28サンチ榴弾砲!

画像


色々なことを考えながら、ただただ脚を前に進めましたが、記憶に残るいいランができたでしょう。

やっぱりのDNF。水郷県民の森4耐。

試合前日の土曜日。腰の痛みが全然引かず、きしま整骨院で電気と超音波をあててもらいました。「くれぐれも無理はしないように」との言葉には素直にうなずきましたが、とにかく試合会場には向かおうと、昼過ぎから準備を始め1時にクルマで出発。

試合に行く時、必ず何か忘れ物をしてしまうのが最近の常ですが、今回はなんと!定期券入れ(イコール免許証!やれやれ)を忘れてしまいました。
免許不携帯は初めてです。絶対に捕まるわけにはいかないので控え目な運転を心掛けました。笑

忘れ物と言えば、ホテルに着いて食事に出るときには財布を持たずに出てしまいました。
冷ややっこを食べながらビールを飲んでいるときにふと気がつき、あわててホテルまで取りに戻りました。
こんなことも初めてです。

あとは、スパイバッグというのかな?補食とか小物とかを入れる腰に付ける体に密着する薄いポシェットとパワージェルを忘れてしまっていました。

いったいどうしてしまったのだろうか・・・。老化??緊張感のなさ?

さて、泊まったところは潮来です。試合会場の水郷県民の森までは10キロほどでした。

現在の千葉県香取市小見川で生まれた僕にとっては、小見川の川向こうといってもいいような(ちょっとズレてますが)とても親しみのある町です。
とはいえ、子供の頃は舟で霞ヶ浦に向かう途中に通ったり、大きくなってからはクルマで通り過ぎるだけでゆっくり歩いたことはありませんでした。

ホテルに着いたのが5時前でしたので、カメラを片手に。

画像


潮の香りがまざる独特のにおい、まさに水郷のにおいです。北利根川沿いをしばし散策しました。
川の向こうは千葉県です。

画像


あやめ園。あやめ祭りが開催中でした。

画像


あやめ園の中にある潮来の伊太郎像。実在の人物でもないのに。
あっ、横浜の赤い靴履いてた女の子も似たようなものか・・・。

画像


なんか、全然試合の話に移りませんね・・・。そう、全然走れなかったので移らないのです。笑

参加したのは「水郷県民の森4時間耐久リレーマラソン」といいいます。僕がエントリーしたのは「個人の部」。

コースは2.1kmの一か所アップダウンがある周回コースです。

雨まじりで気温も低めだったので、4時間で50km行ければ、と内心思ってました。
それがダメでも、いつものことですが、フルの距離だけはしっかり走ろうと思ってスタートしました。

最初の2周がそれぞれ10分ほどかかっています。
悪くないペースですが、気温が低いうちに少し距離を稼いでおこうと、9分50秒あたり(4'40/km)で落ち着かせることにしました。

腰の具合は気になるものの、何とか順調に周回を重ね始めたのですが、腰より前にハムにきてしまいました。昨シーズンからずっと苦しめられてきた右ハム下部の痛みです。18km辺りからでした。

そして20kmあたりで腰が痛みだしました。一か所あるアップダウンがジワジワ効いてきたようでした。

もう、4時間走りとおすことは絶対に無理です。少なくとも30kmは、と思いましたが、痛みが強烈でハーフの距離を走りとおすのが精一杯でした。

かすかな望みをかけ、歩くようなジョグで回復を期待しましたが、痛みはいっこうに引きません。

結局12周、25.2km、ちょうど2時間でDNFとしました。

腰の痛みは仕方がなかったのもの、ハムの状況が全然よくなっていなかったのはいささかショックです。
少しは良くなっていると思っていたのですが、痛みの強さは弱まっているものの、これでは記録を狙う走りは出来ません。

右ハムの故障はかれこれ半年以上になります。走れなくはないので、練習を止めることなく続けていますが果たしてこれでいいのか、正直悩んでいます。
原因がはっきりわからないので手の打ちようがありません。

全然落ち込んではいませんが、悩ましいです・・・。



過ぎたるは・・・

ちょうど一週間前に腰を悪くして、週末の湘南陸上の5,000mをDNSとしてしまいましたが、何とか走れる状態に戻りつつあります。
昨日は1000m×6本のところ4本まで走りましたが、痛みはあるものの今週末はなんとか走れるかな?

そう、今週末は4時間耐久走です。まだまだ先だと思っていましたが、あっという間です。

4耐に続いては7月の8耐と、長距離を試合を入れていますが、8月3日の市の選手権大会まではスピード重視の
練習でいきます。
季節病となってしまっている腰痛が気になりますが、何とか質の高い練習が出来ればと願っています。

さて、昨日はSWAC横浜の練習会に参加。発奮して1000mのインターバル走(実質レペですが)を頑張りました。
腰の痛みを気にしながらでしたので、「やりたいペース」より少し速い3'49/kmから概ね5秒ずつ上げて最後は3'33/kmでまとめることが出来ました。
それにしても今更ですが、やはり故障してはいけないですね・・・。
ちょっとのムリが大きなツケとなって帰ってきてしまった感じです。無為な一週間を過ごしてしまいました。
ちょうどこの一週間は仕事も忙しかったので、丁度よかったと言えばよかったのですが。

今、「冬の喝采」を読み返しています。描写がとてもリアルで、もう3回目になりますが、何度読み返しても飽きません。
中村清監督の言動には思わず笑ってしまうものが多いのですが、「過ぎたるは及ばざるよりなお悪し」は正に言いえて妙だと思います。

ですが、「過ぎたるは」はとても難しい。ずっと手前だと単に楽な練習になってしまうし、過ぎてみて初めてどこが「過ぎたる」なのかが分かるようにも思えるし・・・。
とにかくギリギリの練習と紙一重のところにあるんでしょうね。
ただ、ともすると、この言葉を言い訳材料にしてもう追い込み切れない自分がいたりもして・・・。

なんて書いていると、いかにも僕もギリギリの線を超えてしまって故障してしまったように聞こえますが、僕の場合は単なる不注意です。

腰の補強運動をいきなり負荷をかけ過ぎてやってしまったため腰を痛めてしまったのです。
ただでさえ梅雨に入ると腰がおかしくなるのに、ホント悔やまれる不注意でした。

腰がおかしい時に無理に走るとフォームまでおかしくしそうなので、しばらくランを控えてきましたが、小休止は終わりです。さ、、また頑張るぞ!

今日の湘南陸上、無念のDNS・・・。

とても楽しみにしていた今日の湘南陸上競技大会、木曜日に腰を痛めてしまったためDNSとしました。
木曜日、腰がヘンだと思いつつ、今日に向けての仕上げをしておきたくて大和の競技場に向かいましたが、やはり無理したのがよくなかったようです。

金曜日は歩くのも辛いほどで、昨日電気と超音波をあててもらい多少楽になりましたが、今日善行の競技場に向かうジョグが辛くてDNSを決めました。

あ~、走りたかったな・・・。仲間の走りを観ながら、そう思いました。

画像


画像


画像


そうそう、久々にお会いしたmashさんもガンガンに攻めてました!

試合はまだまだ続きます。とにかく早く治さないと!
来週の4耐は難しいかもしれませんが、来月の所沢の8耐とリスタートの5000mTTまでにはしっかり治していい結果を出そうと思います。

決戦は7月14日。体を絞って織田フィーで全力疾走だ!

つくばのあとは2月の泉州国際を!

湘南国際マラソン、手賀沼エコマラソン、ともに半日も経たずに定員締め切り!怖いですね~、恐ろしいですね~!
僕はいったんは手賀沼エントリーを諦めて寝てしまいましたが、明け方にダメモトでトライしてみたら、まだ定員に達しておらず無事エントリー出来ました。

最近は、試合でのタイム云々を言う前に参加資格を得るだけで大変です。
国際大会の資格を持つほどの力があればこんな苦労はしなくていいのでしょうが、それは残念ながら無理なハナシで・・・。
しおちゃんが、日記で「我々シリアスランナーは、いずれ来るだろうランニングバブル崩壊まで、出場できる範囲のエリート大会を本命レースにして・・・」と書いていましたが、異常なまでのお祭り騒ぎ、何とか収まらないでしょうかね・・・。

つくばのエントリーは30日からだそうですが、同じ状況になるのは必至でしょう。
万一エントリーを失敗した時の保険として、今朝大田原マラソンのエントリーを済ませました。

大田原は11月23日、つくばは24日です。

つくばのエントリーが無事できても、当日の天気によっては大田原という選択肢があるというのはグッドかも。
5,000円という保険料はいささかもったいない気もしますが、最後の勝負イヤーだし、このくらいの贅沢は許されるでしょう。

さて、先シーズンは、秋のつくばから、年の瀬、勝田、海部川、板橋と5本もフルを走りました。
4月のかすみがうらと8月の道マラも数えると年間7本です。
やはり走り過ぎました。

今年は絞り込みます。

先シーズンも、つくば・海部川の2本で勝負!と思っていましたが勝田を入れてしまいました。膝うらを悪くしていただけに、しっかり回復させて海部川に臨めばよかったのですが、中途半端な気持ちで走ってしまい、そのあとの試合までがすべて最悪な結果になってしまいました。全てが失敗。結果を焦っていたんでしょうね・・・。

今年も基本は秋1本、春1本です。
海部川は時期的にはちょうどよかったと思います。ただコースがタフ過ぎました。
同じ時期で・・・、と探していて見つけたのが泉州国際です。コースもフラットのようですし、評判もいいみたいです。

つくばから約3か月後。期間としてちょうどいいでしょう。

つくばと泉州!できればつくばで大願成就して泉州は気軽に走りたいのですが。笑

やっぱり、こけし走り!

火曜日に織田フィールドで2000m×4をやりましたが、なかなかいい感じで走ることが出来ました。
裕美コーチから珍しくお褒めの言葉も。その感覚を忘れないように昨日は根岸森林公園でも4'30/kmぐらいのペースで走ってみました。

最近、腕振りから肩甲骨を動かすことにに意識を移しました。そしてそれが骨盤に伝わっているかどうかというところ。合わせて着地と同時に体重を乗せきるといったところを意識して走っています。「乗る・乗る・乗る・乗る・・・」と一歩ごと心の中で唱えています。
あとはピッチですかね。現在ちょっとしたマイブームの高速腕振り走!笑

またまたSWAC横浜のブログから勝手にパクッちゃいましたが、土曜日のフォームです。ちょっと遠目ですが、自分なりにずいぶん良くなってきているかな?なんて思っています。
上体がガチガチにも見えますが、動かない肩甲骨をムリやり動かそうとしているので、まぁいいでしょう。

画像


以前にも書きましたが、ランはやはり「こけし(骨盤・肩甲骨・姿勢)」みたいです。
ただ、難しいのは、どういった意識を持って走ればいいかです。

それが、あるランナーのブログの動画を見て、実際にどこをどう意識すればいいのかがなんとなく理解できました。

ランニングの本って自分の意識が変わっていくにつれ読み返す度に新しい気付きをもらうことが出来ます。もう一度、こけし走りを教えてくれた齊藤太郎さんの本を読み返してみましょうか。子供向けの本みたいですが、とてもよい教本です。

五月晴れのラン??

梅雨入り・・・。6月生まれの僕は梅雨は苦手ではありません。雨だからと出不精になりこともありませんし、ランニングの練習を中止にすることも滅多にありません。
嫌なのは濡れた靴下をはき続けなければならないことぐらいかな?

なんてことを以前にも書いたような気が・・・!歳をとってくると同じ事を繰り返したり、クドくなるのでイカンです。(苦笑)

出不精にもならないし、ランも中止にはしませんが、気分はジメッてしてきます。考えてもしょうがないことを考えてみたり、思いだしてもしょうがないことが思いだされたりもして・・・。
やはり晴れの方がいいですね!

ところで、今朝テレビを観ていて初めて知ったのですが、「五月晴れ」とは6月の梅雨の合間の晴れの日という意味だそうです。
さらにさらに!wikiで調べたら、これを「ごがつばれ」と読む場合には新暦の5月の晴という意味になるそうです。もちろんこれも知らなかった!

明日は正真正銘の五月晴れ。

根岸の森林公園で走る予定ですが、ピクニック気分で公園からの帰宅ロングジョグでもしてみようか。
さすがにそれじゃ長すぎるか。

梅雨時の貴重な晴れの日は、ランでも有効に使いたいものです。

梅雨時となれば気になるのが毎年悩まされる腰痛(股関節痛)です。
去年はさほど苦しみませんでしたが、今年はどうでしょうか?
今年はこれまでにないほど骨盤を動かすドリルとか中臀筋トレーニングとか腰回りの補強をしています。

梅雨対策のためにやってきたわけではありませんが、これが吉とでれば!

9月までの試合予定組みました!

秋の大会エントリーがボチボチと始まっています。先週末には湘南国際マラソンの地元枠のエントリーが開始されたようです。
まだ先だろうとうっかりしていたらヤバいことになるかも!
さて、僕は9月までの予定を組み終わりました。

6月8日 湘南陸上競技大会5,000m(善行 県体育センター)
6月16日 水郷県民の森4耐(時間走)
7月7日 8時間耐久レースin所沢(時間走)
7月14日(日)リスタートタイムトライアル5,000m(織田フィールド)
8月3日(土)藤沢市陸上競技選手権大会3,000m(善行 県体育センター)
9月7日(土)マスターズ陸上競技会10,000m(上柚木陸上競技場)
9月15日(日)ゆめリレーin湘南平塚(5人で6時間)

こんな感じですが、短いか極端に長いかって感じになりました。長い・・・、まぁ時間いっぱい走りきればの話ですが。笑
とにかくトラックでの試合を多く入れました。

10月以降はおそらくいつも通り

手賀沼ハーフ → 川崎国際多摩川10km → つくばフル

にするか、川崎国際を報徳マラソンに置き換えるかでしょう。
あと、適当なのがあれば9月か10月にトラックの5,000mを入れたいと思っています。

とにかく、つくばまでは半年あります。
たっぷりの期間であることには間違いありませんが、ダラダラ過ごしているとあっという間に近づいてきてしまいます。

まず、市の選手権大会までは、量は抑えて質を高めます。
長い距離は4耐と8耐でカバーして、あとはスピード中心でいきます。「疲れを残さず」がポイントです。
 

膝うらの状況は、良かったり悪かったりで完治へはまだまだかかりそうですが、走りながら治していきます。
気分はかなりリフレッシュされたいい状態なので、前向きに練習に取り組めそうです。
とにかく気持ちをしっかり持続させないと!

1年半ぶりのビックリな再会!

昨日はリスタートのタイムトライアル5,000mでした。
最近試合に出てもまともな結果を残せたためしがないので、だんだん悔しさも感じなくなってきてしまったみたいです。マズいな~。でも、昨日はとてもビックリな再会があったので気分はgoodでした!

「強い風で記録は狙えないだろうと思って走り出したが走れなさすぎ。3kmぐらいからずっと女子40代で1位になった女性と前後になり並走したが最後は4秒ぐらい差をつけられた。やはり1位を取れる人は気持ちが強いというか最後までしっかり走りきる。見習わないとね・・・。」

これは1年半ほど前、2011年12月の足立フレンドリーマラソンの10kmの部を走った後にWeb日記に書いたことですが、このとき競ったmiwaさん(cookieちゃんじゃないよ!)という女性と会場で再開したのです。
しかも、TTでは同じ組!

5,000mのベストは19分の中ぐらいという話でしたので「今日はもらったね」、と内心思っていたのですが、またまた負けちゃいました。しかも1分以上離されて!(5,000mなのにね~)

miwaさんとは色々な話をしましたが、マラソンの記録も驚くほど似ています。フルは彼女が1分ちょっと速く、ハーフは僕の方が30秒近く速いみたいです。
もともとスピードのない僕は、男性ランナーよりも女性ランナーと距離ごとのタイムの傾向が似るのですが、彼女も典型的な持久系のランナーのようですね。

今もこう書きながら、1年前の試合のことを思い出していたのですが、1人のランナーとこれだけ競り合った記憶はいまだにありません。走りながら、負けてたまるかという気持ち、言葉はもちろんありませんがお互いに励ましあいながらゴールを目指そうという気持ち、とにかく密度の濃い時間でした。
ゴールしたあと、健闘を称えあって握手をしたのもあの時が最初でした。

この秋、ブロ友の仙台のyoshikoさんも当然サブスリーを狙ってくるでしょう。miwaさんも横浜国際女子かつくばかって話をしていました。
Tomも昨日の飲み会では一足先のサブスリー宣言。やじきたさんも狙っているような話を溝の口に向かうジョグの時にしていました。昨日は参加しなかったしおちゃんももちろんでしょう。

気になるライバルが増えてきて、秋に向けての気持ちもだんだん高まってきました!

miwaさんはリスタートの会員さんで、火曜日の練習会にも出ているということですので、織田フィールドでまたお会いすることもあるでしょう。
あた、同じ試合を走ることもあるでしょうが、3連敗だけは避けられるよう練習あるのみです!

でもね~、その前に何とか右膝うらの故障は早く治したいものです・・・。

日曜日はリスタートの5,000m!

日曜日には春のトラックレースの第一弾!リスタートのタイムトライアル5,000mがあります!第一弾!と書きましたが第二弾までしかありません。笑
第二弾は6月9日の善行での同じ5,000mです。

本来なら4月からスピード練習を始めているはずだったのですが、右ハムの具合がおもわしくなく、距離は十分に
走っているのですが、スピード練習はずっと控えてきました。

なので、昨日のSWACの練習会では、練習前にはひらゆみコーチと、そして練習の最中(つまり途中サボッて)にはmioコーチに当日までの練習の仕方とか、当日の走り方なんかを相談しました。

僕は18'00~18'58までの組に入っているのでが、恐らくペーサーは18'00と18'30でしょう。
かたや僕はベスト(5km)が18'55なのでペーサーにつくことはまず出来ません。

徐々に遅れることは止む無しでつけるだけつくのもいいが、スピード練習が出来ていない今、ひとつ遅い組で引っ張ってもらい、もし余裕があるようだったら前に出る走りがいいのではないか、との結論に至りました。

じゃ、日曜日に組の変更をお願いしてみます、としゃべっていたらたまたま運よく目の前をリスタートの片岡ヘッドコーチが通りかかりました。事情を話して了解を貰えたので何ともラッキー!

たまたま運よく・・・と言っても同じ場所で練習をしているので、半分は必然なのですが。笑

そのあと練習会に復帰したので何とも中途半端な練習になってしまいましたが、やはり走れませんでした。
昨日は1000m×7本のインターバル。

3'45/kmの組で頑張ってみましたが、これで5,000mは絶対にムリだな~!
このペースで5,000mを走れば18'45秒です。本来は何とかこのあたりを目指したいのですが・・・。

とにかくジックリいくしかありません。
秋には18'30で走れるよう上手く練習を積んでいこうと思います。

しおちゃんと同じ組で!と思っていたのですが、今回はスイマセン・・・。

高速腕振りラン??

マラソンとか駅伝とかのテレビ中継を観ていて前々から感じていたことなのですが、選手のピッチって滅茶滅茶速いのです。テレビを見ながら選手の腕振りに合わせて自分も腕を振ってみると、あっという間に疲れてしまうぐらい速いのです。

まぁ、座ったまま腕振りだけを合わせているので、あっという間に・・・というのはいささか大げさですが、とにかくビックリするぐらい速い!

今日は午後から雨になるということでしたので、SWACの練習会への参加は諦め、午前中に腕振りのスピードを考えながら走ってみました。

まずは立ったまま自分のイメージするスピードで腕振り。そのまま足踏みを始めてからラン開始。
腕振りと骨盤の動きは連動していなければならないのですが、そう上手く骨盤に動きは伝わりません。とにかく足の動きは全く気にせず腕振りと骨盤のシンクロだけを考えながら走ってみました。

アッという間に心拍数が上がっていきます。
踵の引付とか膝を前に出すとかそんなことを考える余裕もありません。とにかく腕振りと骨盤のシンクロだけを考えながら走ってみました。
その腕振りのスピードって、例えるならば400mのインバルをやる時のようなスピードです。

疲れました・・・。腰が重くダルくなりました。

これ、いい練習です。ペースを腕振りで作っていくことは前々から意識していましたが、高速腕振り、これはいいです。
今日は足の動きを意識する余裕は全然ありませんでしたが、徐々に足の動きも気にしていけるようになれば相当にいい練習になりそうです。

「スピードを上げるときはピッチを上げるように」とSWACの練習会でもよく言われますが、僕の場合無理やりストライドを伸ばすことでペースを上げようとしていたように思います。

高速腕振りラン、短い距離でも十分効果がありそうなのでしばらく続けてみようと思います。

三浦半島の南端をラン。

GW最終日の昨日は京急三崎口を起点に油壺、城ケ島、三浦海岸など、三浦半島の南端辺りを湘南RSのメンバー6名でゆっくりジョグしてきました。
快晴。暑いぐらいでしたが風が吹いていて気持ちのよい連休最終日でした。

久々に会うよねちゃんも元気そうでした。そういえば、昨日は体脂肪率10%未満のよねちゃん・えいちゃん・しおちゃんが勢ぞろいしました。何とも羨ましい限りの数値です・・・。

9:30に三崎口を出発。南国っぽさを感じされる油壺を回って三崎港へ。そのあと橋を渡って城ケ島へ。いい景色です。

画像

画像

画像


しおちゃんがセットしてくれたコースをしっかり走りましたが、折れる道を見落としてしまった剱崎だけはパスしました。あとで見たら剱崎燈台や間口港燈台などがあったようです。行けばよかった・・・。

3時間ほどで無事三崎口に戻りました。ランは26.6kmほどで6'07/kmというペースでした。
いったん京急で久里浜まで戻って万葉の湯、最後は康永楼という中華料理屋で軽めの打ち上げ。

実は近い割には三浦半島、特に半島の南側は滅多に走ることはありません。
かなり以前に出た2回の三浦国際市民ハーフ、会社の上宮田の保養所がなくなるときに泊まってジョグしたぐらいでしょうか。

僕にとってはとても懐かしく思い出がつまっている観音崎、アジサイの季節になったら今度は一人でゆっくり走ってみましょうか。