湘南ランニング生活、終了です。

突然ですが、今日で「くりおの湘南ランニング生活」は終了です。
明日、横浜の青葉区に引っ越します。
読んで頂いた皆さま、これまで本当に有難うございました。

このブログをつけだしたのは2008年の2月20日です。6年と一か月、我ながら随分続けられてきたと感心しています。
ブログを終えようと思ってから、何度かこれまでの記事を読み返してみましたが、やはり懐かしいですね。とてもよい僕の思い出いっぱいの記録です。

ここで終えてしまうのは、自分自身とてももったいない気もするのですが、心機一転新しい生活を迎えるにあたっては、ここでひとつの区切りをつけるべきであろうと考えたわけです。

感傷的なことを書き始めてしまったら、いつまでも終わりそうもないのでそれはやめていきます。
ただ、楽しいこと辛いこと悔しいこと、文字では敢えて書かなかったことなのも随分思い出されてきて正直グッときました。

画像


多分、いつになるかわかりませんが、また新たに別のブログを始めるんじゃないかと思います。
僕のランニング生活が終わるわけではありませんが、ここで僕の湘南ランニング生活はおしまいです。
今朝は海まで走っていきました。

辻堂に住んでちょうど20年。そのうち10年は走っていました。最後の湘南ランは富士山がとてもきれいで海もキラキラ輝いていました。
「もうちょっと、いてもいいんじゃない?」と声をかけてくれていたようにも思いますが、いやいや、これでおしまいです。十分楽しみました。

画像


今までfbではランのことは滅多に書きませんでしたが、これからはfbにも少しは書いていこうと思います。「栗田 正彦」ですので、お読みいただいていた方は是非友達リクエストを頂けたらと思います。

さてさて、そろそろやめます。
一番の心残りはここでサブスリー報告が出来なかったことですかね、やはり。
うん、サブスリーをやる頃までには新たなブログを始めておこう!

では、サヨナラ!
繰り返しですが、これまで読んで頂き本当に有難うございました。楽しかったです!

画像

6年前に書いたかすみがうらマラソンへの思い

でるつもりだった板橋CityマラソンがDNSとなったため、次のマラソンはかすみがうらです。
ブログをつけ始めて間もない2008年2月に、こんな記事を書いていました。

------------------------------------------

昨日は5時前に家を出て茨城の龍ヶ崎でゴルフをしてきました。職場のコンペです。ランニングをするようになってゴルフへの興味は一気にしぼんでいきましたが、それでもたまにコースに出るとやはり楽しいです。
スタートは7:37。ホールアウトしたのは2時過ぎでパーティが終わったのが4時前。ゴルフが終わったら霞ヶ浦を走ってこようとランの準備をして出かけたのですが、1時間ちょっとしか走れそうになかったのでランは断念して家に戻りました。

霞ヶ浦、僕の初フルの舞台でした。たった3年前のことですがとても懐かしく感じられました。ほぼ1年の準備をして(とは言っても走り始めたときはフルマラソンを走ろうという気は特にありませんでしたが)、3時間50分を目標に臨んだレースでした。
1年間の走行距離も3000キロに達し、ハーフでは1時間38分が出ていたし、30キロ走も10回行った上での初フルでしたからそれなりの自信はありました。

「水戸の最高気温25度」というなかなか気温が上がってのレースでした。
僕はもともと計画立てて物事を進めるのは得意ではありませんが、レースになると結構綿密に作戦を立てます(あくまでも計画で結果はかけ離れますが・・)。初フルのこの時もそうでした。僕をマラソンに導いてくれた相方と25kmまで一緒に走りましたがやや綿密な作戦より遅れていました。相方の体調が優れず途中から単独走になったのですが、遅れを取り戻そうと無理にペースアップをしたのが大失敗。33キロあたりでついに歩きが入ってしまいました。

サブフォーも半ば諦めかけましたが35キロあたりから足も再び動き出したので何とか走りきれました。最後は時計と睨めっこでしたが3時間58分46秒で走ることが出来ました。

相方と土浦の駅の蕎麦屋で「次は北海道マラソンに出ようか」なんて言いながらフルマラソンを走れた喜びと安堵を感じながらビールを飲んで帰路につきました。

とても懐かしいです。あの時はまだ走ることに熱中している人たちに結構冷めた目を向けていたようにも思います。変な話ですがこのまま走り続けていくことへの抵抗感みたいなものもありました。
今思えば、走ることの魅力に対する嫉妬心や反発みたいなものが僕の中にあったのでしょう。

僕はやめることもなくますます熱中するように走り続けていますが、マラソンの持つ魅力と怖さと難しさの一端を知り、そして走ること自体の楽しさと厳しさが分かりかけたのがこの2005年のかすみがうらマラソンでした。

あれから3年が経ちその間に縮めてタイムは42分です。
これをどう評価していいのか、自分の中でもビミョーです。

記録更新、これは走る上でのスパイスだと思います。時計を気にして走ること自体、本来のランの楽しみとは本質を異にすると思いますが、このスパイスの効き方で味わいも変わり、魅力も大きくふくれていくのではないかと思います。

2005年4月17日  第15回かすみがうらマラソン
            記録  3時間58分46秒(グロス)
                3時間57分56秒(ネット)

------------------------------------------

う~ん、読み返してみると感じるところが色々あります。
ランニングに対する気持ちも随分変わってきたような気もするし、変わってないような気もするし・・・。
ここがスタート地点だったのかな・・・。

そう、結局またあそこに戻るんだ。

週3回のポイント練習

最近といってもここ2週間ですが、平日の夜は海老名のトラックを走っています。通勤帰りに寄れる大和のトラックが改修中なので仕方なくいったん帰宅してからクルマで向かっていますが、実はここはとても気に入っています。理由は青いタータン。なかなかきれいです。

そしてとても解放感があります。一方向だけなのですが広々とした景色が広がり、そして全体的にも囲まれている感じがありません。
大和は便利なのですが、何か圧迫される感じあって・・・。

さて、これまでそんなに頻繁には足を運ばなかったトラックに何故通うようになったかというともちろんわけがあります。
前の記事でちょっと触れましたが、今、週3回のポイント練習を試行しています。その内2回がスピード練習なのです。
SWACで走っているため、多くの市民ランナーに比べるとスピード練習には慣れてはいると思いますが、一人でやるのはとても苦手です。
更に一般の道路でやるのは大の苦手です。

トラックなら知り合いがいなくても真剣に走っている所謂”競技者”が多いため、その刺激と緊張感で何とか走れるのです。
別に誰かが注目しているわけではないのですが、「みっともない練習は出来ないぞ」という感じで気が引き締まります。

なのでわざわざクルマで30分もかかるトラックまで足を運んでいるわけです。

話は週3回のポイント練習に戻りますが、週2回はこれまでもやってきていました。火曜日のスピ錬と週末の距離走。
ですが、これだけど体調を整えないとまともには走れませんでした。
ここに平日(できれば木曜日)のスピ錬を更に加えます。
両日ともに全力ではとても体がもちません。水曜日の練習もうまく疲れを抜く程度にしないと木曜日はまともに走れません。どの程度のさじ加減が適当なのか・・・。
火・木のトラック練習をしばらく続けながら、このあたりを探っていこうと思います。この2週間の感じではやはり2回目のポイント練習はなかなか思うように走れませんでした。まぁ、新しいことを始めるわけですから最初のうちはうまく走れなくても仕方がないでしょう。

うまくこのパターンが体に馴染んでくれることを期待しているのですが、果たして?
・・・とにかく続けてみないことには、答えも出ないでしょう!

シーサー作りと練習方法の見直し

体を壊しているわけでもないのに、またまた休足の土日となってしまいました。
土曜日は翌日の試合に備えて走らなくてもOKかなと思っていましたが、日曜日は朝起きられず予定していた報徳マラソンをDNSしてしまいました。

そのまま、引っ越しの準備に入ったらなかなか切りあげられなくなって、ずるずると走らずに終わってしまいました。
ま、引っ越しが終わるまではしょうがないか!なんて言い訳以外の何物でもないか・・・!反省。

さて、シーサー作りも都合4回目の教室になりましたが、大作への挑戦も着々と出来上がりに向かっています。
うまくいけば次回で完成です。
なんか最近はランよりもシーサーの方に向いている?
今のところはこんな感じ。これからが肝心なところです。

画像


そういえば、焼きあがったシーサーをここでは紹介していませんでした。

画像


こちらが体験コースで作った第一作。
胴体のところは手作りではありません。元があってそこにくっつけたりしながら作りました。

画像


こちらは第二作の面シーサー。100%手作りです。
焼きあがると感じが変わります。粘土の時はイマイチの出来かと思っていましたが、なかなかいい感じで仕上がりました。

ランの方は板橋も出れないため、次は30日の織田フィールドでのリスタート5000mタイムトライアルです。
そして、4月13日にもう一度リスタートの5000mタイムトライアル。場所は味スタに変わります。
そしてその翌週はかすみがうらです。

もう既に意識は年末の防府読売に向いていますが、練習方法を大きく見直そうと思っています。
また、改めて書こうと思いますが、週3回のポイント練習でそのうち2回がスピード練習というか心肺を鍛えるための練習をやってみるつもりです。

ですが、頑張りすぎると週3回のポイントは無理だし、ユル過ぎるとトレーニングの効果が望めません。
この辺のさじ加減をつかもうとしているのですが、簡単ではなさそうです。

とりあえず今日、SWACの教室は織田フィールドで2000m×4。4'15×2→4'10→4'02。これが今週1回目のポイント。
一日ジョグでつないでの明後日、つまり2回目のポイント練習が課題です!

目標を語る資格

忙しくて忙しくて忙しくて走る暇もブログをつける暇もありません。
というのは大袈裟で、いや嘘ですが、なかなか手が回らないというのは本当のところです。
仕事が忙しいわけではなく、引っ越しの準備が大変でとにかく週末が忙しい。シーサー作りなんかも始めてしまいましたし。笑

新しい住まいの完成は秋ですので、今回はそれまでの繋ぎの転居になるのですが、荷物の多くはそれとは別の実家に仮置きすることになります。
何を残して何を捨て、どこにいつ持っていくかなんてことを考えていると頭がパニクってきます。
早いとこ落ち着いて、マラソン練習しないと!
暮れの防府読売マラソンがどんどん近づいてきてしまいますからね!

さて、板橋がDNSになってしまいましたが、その前の週にユウゾウくんが練習会を企画してくれました。板橋組のための最終調整10kmペーランです。僕はもうちょっと距離を延ばそうと思っていましたが、ユウゾウくんがレースペースで走るなら、そのペースで引っ張ってもらうのもいいかもしれません。

ユウゾウくんは唯一、湘南RS育ちでサブスリーを達成したランナーです。
ほかの皆が、3時間一桁台まで来ながら足踏みというか壁を超えられずにいますが、彼だけはお先に~って感じで乗り越えていきました。

努力家です。真面目に練習に取り組み姿勢も立派です。僕も口先だけになりつつあるので見習わないと!

画像


ところで・・・
『しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。』

凄い言葉ですが、いわれてみればその通りだという言葉です。とても耳に痛い言葉ですが・・・。誰の言葉かというと、ニューヨークヤンキースに現在所属しているイチロー選手の言葉です。

イチローには数々の名言があり、励まされるものも多いのですが、この言葉は凄い。
夢、願望、目標・・・、色々なものを胸にもちますが、目標というものをこういう言葉でとらえているイチローは凄いと思います。

そしてこうも言っています。
『夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること。』

今、やれることをひとつひとつ積み重ねていくしかないですね。
そして、目標を語る資格をしっかりゲットしないと!