気が早いと思いつつ、防府を・・・。

さて、板橋Cityマラソンを残していながら来年度のことをあれこれ考えるのはいささか気が早いのでは、と自分でも思いつつ、板橋は頑張っても記録は出せないなんて投げやりな部分もあって、つくばに代わる大会を探してみました。
(第三者的にみると、泉州のの失敗が相当こたえていて、気持ちは来年度での立て直しに向いているのでしょう)

つくばはタイムも出せるし気に入っているのですが、熾烈なエントリー合戦を勝ち抜く自信がないのです。笑
それは半ば冗談ですが、出来ればつくばより2~3週あとの試合に出たいのです。理由はただ一つ。しっかり走れるまでに仕上げるには日が足りないからです。
普通、試合の3週間前から調整に入りますから、それまでに仕上げなければなりません。つくばに合わせるためには11月の1週までに仕上げなければならないのです。実際ここ数年、ようやくまともに距離走を出来るようになるのは9月下旬か10月に入ってからです。肝となる30kmが出来てせいぜい2回か3回って状態で試合に臨まなければなりません。
2~3週間遅ければ、距離走を2回はプラスできます。この差は実に大きい。

で、色々調べてみたら、ありました。コレです!
盲点と言えば盲点だったのですが、「防府読売マラソン」。メジャーです!この大会、基本的には12月の第3日曜日に開催するようです。今年だと12月21日。つくばの4週あとになります。今年の秋は引っ越しもあり、かなり忙しくなるでしょうから願ったりの時期です。
中国地方の大会にまでは意識がいってませんでした。
カテゴリー1は定員なしなのでエントリー合戦に勝ち抜く必要もありません。3時間15分以内がその資格ですが、平成22年12月19日以降なので問題ありません。

もしつくばのエントリーが出来たら、つくばを最終調整の距離走にして防府で勝負!って形も作れます。
年間2試合に絞って、12月防府→3月横浜という流れも悪くありません。

防府のカテゴリー1の資格が3時間15分以内なので、板橋ではこの線を狙いましょうか?
(なんて、今からトコトン弱気・・・。闘う前に負けてるね。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック