澄んだ空気の中、湘南ジョグ。

辻堂で越す冬も今年が最後かと思うと、色々な場所に行ったり食べたりそして走ったり、とにかく週末を大切に使っていこうという気持ちになります。
昨日は浜須賀から鎌倉あたりをゆっくり散歩ジョグ。
浜須賀って書いても地元の人以外はわからないですね。箱根駅伝の3区、戸塚中継所から襷をもらったランナーが遊行寺の坂をくだり、市街を抜け、海沿いの国道134号線に出るちょうどその地点です。
箱根駅伝なんて興味ないぞって人は海に面する藤沢と茅ヶ崎の境あたりだとご理解ください。
茅ヶ崎方面に向かって続く国道134号の右手には富士山が見えるなかなか景色のいいポイントです。

空気が澄んでいて江ノ島も富士山も綺麗に見えました。烏帽子岩も。
冬ならではの景色です。

画像


画像


画像


片瀬西浜では高校生たちが砂浜の上で裸足でダッシュの練習を繰り返していました。「一瞬の風になれ」に描かれていた光景です。凄い!

画像


江ノ島弁天橋からの富士山。浜須賀で撮ったときよりも雲が出ていました。

画像


島の一番南側から。ヨットがきれいに並んで。

画像


そのあと片瀬山から鎌倉山を回って七里ヶ浜へ。

そしていい加減お腹が空いてきたので、腰越の魚屋さん「庄虎」で魚フライを買い込みました。いさき・あなご・いわし・まぐろの4種です。

この「庄虎」は美味しそうな惣菜が並んでいて、いつも前を通るたびに、いつか食べたいと思っていました。とはいえ、前を通るのはいつも走っているとき。「いつか」はここまで一回もありませんでしたが、今回は万全を期してソースと割り箸を持参。笑

とんびの襲撃を避けるため、サーフビレッジまで移動して、コンビニで買った食パンに挟んで魚フライサンドの昼食。

そして夜は、ここもいつか来たいと思っていた藤沢本町の居酒屋「つきじ」へ。ごく普通の住宅街の中にあるのですが、なぜかいつも人が入っています。普段のジョギングコースにあるのですが、自宅からは2km近くあるため
「いつか」はここまで一回もありませんでした。
ですが、残念ながら満員で入れず。

代わりに向かったのは辻堂元町の「海牛菜山」。ここも家からは結構離れているため、一度も行ったことがありませんでした。店に前にシーサーが飾ってあってずっと気になっていました。

美味でした!
泡盛の品ぞろえも凄い。藤沢のkingkingには及ばないかもしれませんが、島ごとに揃えています。舞富名が品書きにあったので、あるのか聞いてみたらまだ残っているとのこと。喜んで頂きました。白百合を飲んだ後、赤馬が好きだという話をしたら、リストにはないけれど、と出してくれました。

マラソンの話や、自分でシーサーを作る話などでとても楽しく過ごせました。
もっと早く来ていればよかった、そんな気にさせてくれる店でした。

引っ越すのがいつになるか未定ですが、湘南メモリアル・ジョグこれからも楽しんでいきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック